MENU
policy-main

治療方針

整形外科の守備範囲は運動器の疾患と外傷です。

運動器とは骨、関節、筋肉、脊髄、神経などの総称です。
四肢と背骨のけがと病気による関節、背骨そしてその周囲の痛み、四肢のしびれなどの症状の原因を究明し治療することが私たちの仕事です。

高齢化社会をむかえた現在、運動器疾患(椎間板〈ついかんばん〉ヘルニア、脊柱管狭窄症〈せきちゅうかんきょうさくしょう〉、骨粗しょう症、五十肩、変形性膝関節症など)の治療が生活の質の向上のため非常に重要なものになってきています。
これらの疾患の治療は私たち整形外科医の専門領域ですので、お気軽にご相談ください。

また、スポーツ外傷としての骨折、捻挫(靭帯損傷)の治療や使いすぎ症候群による痛みの治療はわれわれ整形外科医の得意分野ですので、こちらについても、お気軽にご相談にお越しください。

 

患者様のお話をよく聞き、診察・検査を進めています

患者様のお話をよく聞き、診察、検査を進めて治療を行っています。
治療方法は投薬、理学療法、各種ブロック注射、装具療法(コルセット、サポーターなど)が主なものです。
外傷については外傷の程度に応じて必要な治療(縫合や骨折の整復固定など)を行います。治療に際しては、より侵襲の少ない治療(患者様に苦痛を与えない治療)を心がけています。

また、当院での治療が困難な疾患や外傷については、個々の患者様が最も適切で質の高い医療が受けられるよう東北大学病院をはじめとする宮城県内の医療機関との連携を図っています。