MENU
facilities-main

電子カルテ・X線写真コンピュータ・デジタル画像処理システム

電子カルテ、X線写真コンピュータ・デジタル画像処理システムの導入により、短い待ち時間で診察をお受けになることが出来ます。
過去に撮影したX線写真もすぐにその場で見ることが可能なシステムです。
X線写真コンピュータ・デジタル画像処理システムでは、レントゲン写真フィルムを使用しませんので、現像液を用いることがありません。したがって処理が必要な廃液も出ません。地球環境にやさしいエコなシステムです。

骨量測定装置

超音波を用いた骨量測定装置を設置しておりますので、X線被曝の心配をなさらずに骨粗しょう症の検査を受けることが出来ます。
骨粗しょう症の治療に際しては腰椎単純X線写真、血液検査、尿検査(骨代謝マーカー)、骨量測定の結果を総合的に判断して治療を進めてまいります。

腰椎・大腿骨の骨密度測定装置

DXA法(二重エネルギーX線骨吸収測定法)による腰椎と大腿骨の骨密度測定装置を導入しました。
腰椎、大腿骨の骨密度を測定することにより、骨粗鬆症の診断と治療の質の向上が期待できます。

検査自体は数分以内に済みます。検査を希望される方は院長、スタッフにお気軽にお声がけください。