整形の薬は本当に「強い」のか?

整形の薬は強いから・・・」という理由で非ステロイド性消炎鎮痛剤(痛み止め)を服用されない患者様がかなりいらっしゃいます。

「強い薬」。どのような薬が強い薬なのでしょう?よく効く薬も副作用の強い薬も「強い薬」といえるかもしれません。患者様が「整形の薬は強いから・・・」と話される理由はおそらく非ステロイド性消炎鎮痛剤によって引き起こされる胃への副作用や眠気などの症状のためなのではないでしょうか。

不必要な薬を服用する必要はありませんが、医師が必要と判断した薬は服用していただきたいものです。非ステロイド性消炎鎮痛剤は俗に「痛み止め」と考える患者様が多いようです。
「ただの『痛み止め』なら、服用しない。この薬で病気や怪我が治るわけじゃないんでしょう?整形の薬は強いらしいし・・・」と考えて、薬を服用されない方がかなりいらっしゃいます。医師が非ステロイド性消炎鎮痛剤を処方するときは鎮痛作用だけでなく、炎症があり痛みの原因となっている部位や怪我をした部位の炎症を抑える作用を期待しています。ですから、不都合がない限りは薬を服用していただければと思います。
医師は患者様の既往歴や現在服用している薬の種類などをうかがった上で患者様の病状に合わせた薬を処方しています。副作用や他の薬との相互作用が予想される場合にはそのような薬は処方しないようにしています。不安な場合は医師に質問してください。

非ステロイド性消炎鎮痛剤の胃に対する副作用は薬品メーカーの努力によって、かなり少なくなってきています。とはいっても、まったくないわけではありません。特に胃潰瘍や十二指腸潰瘍がある方では病状が悪化する可能性があり、基本的には処方出来ません。
もともと胃が弱い方でも非ステロイド性消炎鎮痛剤を服用することで、吐き気や胃痛が現れることがありますが、このような症状は胃粘膜保護剤などを非ステロイド性消炎鎮痛剤と一緒に服用することである程度は抑制することが可能です。

気管支喘息の患者様は非ステロイド性消炎鎮痛剤を服用することによって、喘息発作が誘発される懼れがあるため、気管支喘息の患者様には非ステロイド性消炎鎮痛剤を処方することは出来ません。
しかし、処方可能な薬もありますので、主治医に相談して下さい。

お薬のことでわからない事があれば、自分で勝手な判断をせずに医師や薬剤師に相談されることをお勧めいたします。